債務整理入門-債務整理の方法はいろいろあります。-

借金減額のしくみ(グレーゾーンについて)

多くの金融業者は、利息制限法(15〜18%)を超え、出資法(〜29.2%)の上限の範囲で融資をしていました。
この利息制限法と出資法の間をいわゆる『グレーゾーン金利』といいます。利息制限法には罰則がなく出資法の定めに違反すると罰則がありますので、多くの金融業者は利息制限法を超過し、出資法の上限の範囲でお金を貸し出しています。
金融業者に罰則はないとはいえ民法上利息制限法を超過する部分は無効となりますので、この超過した金額を元本に充当させることで借金を減らすことができます。

現状の確認と債務整理後の返済計画(返済シミュレーション)

債務整理Q&A

債務の減額って本当にできるの?過払い金って本当に戻ってくるの?グレーゾーンって何?
多くの金融業者は利息制限法を超え出資法の上限の範囲で融資しています。この利息制限法と出資法の間をいわゆるグレーゾーンといいます。
金融業者に罰則はないとはいえ民法上利息制限法を超過する部分は無効となりますのでこの超過した金額を元本に充当させることで元本を減らすことができます。
過払い金とは、この利息制限法の超過部分が元本を上回った場合のことを言います。
つまり金融業者に支払いすぎた利息のことを言います。

既に完済された方や過去に自己破産された方でも請求可能です。過払い金は発生した翌日から金融業者が返還するまで過払い元本に5%の利息をつけて請求することが可能です。

完済しているが過払い金請求できる?過払い金って本当に戻る?
過払い金返還については、金融業者の業績悪化により支払いを交渉が先延ばしにされたり、過払い金が大幅にカットされる可能性があります。
過去にお取引のあった方は一刻も早くご相談下さい。
債務整理を依頼すると本当に支払いは止まるの?
貸金業規制法では司法書士が介入した後の取立は禁止されています。
つまり、司法書士は、金融業者に債務者の代理人として交渉できる代理権を有しております。金融業者は受任通知が届いた時点で債務者に直接交渉ができなくなります。
つまり受任以降の交渉は、司法書士と金融業者との間で行いますので和解成立まで直接請求されることが無くなります。
お支払いが遅れている方、悩まず今すぐご相談下さい。一日でも早くご相談されることで「不安」を取り除きます。

借金軽減の例

債権者 取引開始日 債務整理前
A社 H8/10〜 959,000
B社 H8/10〜 499,000
B社 H15/4〜 199,000
C社 H15/7〜 699,000
D社 H18/5〜 199,000
合計   2,455,000
現状の支払い額 月々 90,000
債務整理後
▲658,000
▲219,000
138,000
478,000
182,000
42,000
0