アヴァンスから依頼者の皆様と関係者各位へのお知らせ

毎々格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
平成22年3月、当事務所の運営法人及び代表司法書士ら5人が、非弁活動の疑いにて、大阪弁護士会から告発を受けていた件で、平成23年3月29日付で、大阪地方検察庁より法人及び5名全員の不起訴処分がなされましたことをお知らせいたします。

当事務所は、今日に至るまで、捜査当局に対して全面的にその捜査に協力してまいりました。
今回、告発対象となった3件の事件処理についても、認定司法書士の指示・監督のもとでなされたものであったことを確認しており、当事務所といたしましては、これらについて冤罪であったと認識しております。

この度、疑いが晴れることになりましたのは、依頼者の皆様及び関係者各位の変わらぬ御愛顧・御信頼の賜物に他ならないと確信しております。
このような状況においても、当事務所をご支援くださいました全ての方々に、心より御礼申し上げます。

これまで、依頼者の皆様及び関係者各位に多大なるご不安・ご心配をおかけしておりましたことにつきまして、謹んでお詫び申し上げます。
今後は、さらなるコンプライアンスの徹底に向け、また、より一層依頼者の皆様にご満足いただき、そのご信頼にお応えできるよう、スタッフ一同全力で業務にあたってまいります。
今後とも変わらずお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


平成23年3月31日

司法書士法人 アヴァンス・リーガルサービス・グループ
代表司法書士 姜 正幸